*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫又CO論(?)
勢いに任せて考えてみる、人狼のお話。
猫又のお話です。
前回の人狼で少し触れてしまった手前、ひねり出してみました。

猫又は
「村人陣営」
「預言されても人間と出る」
「噛まれると、噛んだ狼を道連れにして死ぬ」
「吊られると、誰か1人をランダムに道連れにして死ぬ」
という特徴があります。

村人にとって有力な役職であるため、
猫又が配役されるときは人狼の人数が多くなる形が多いです。
ですので猫又には「人狼に噛まれる」ことが求められる、と言えます。

ですが、一言で「人狼に噛まれる」と言っても難しいです。
どういう立ち回りをすると噛まれるか…。
また「吊るされてはいけない」ということも考えなければなりません。

なので、一番良いのは「預言されてグレーから抜ける」ことです。

※結果的にそうなる、というのが理想であって、
「自分の白を確定させるために、預言されるよう誘導する」というのは
マイナスでは、と思います。
預言は妖狐を倒し、人狼を見つける最大の武器です。
吊られないようにするために使うには…とも考えられます。
このへんは展開次第ですね。

もしグレーから逃れることができれば、当面は一安心でしょうか。
猫又で一番怖いのは「吊られること」です。
これを避けるように努力しなければなりません。

どういう人が吊られるか、どういう人が噛まれるかですが、
これは村の雰囲気次第と言えます。
さすがにこれに言及するのは…ということで割愛です。



ここからは考え方次第ですが、
「猫又COをする手」を考えてみたいと思います。

猫又COのメリットとしては「確定村人陣営」が確定する、ということです。
確定村人が誕生するということは
「吊り指定ができる」(人狼の票合わせを防げる)
「グレーを減らすことができる」(まだ預言されていない場合)
という効果が期待できます。

特に後者の効果を狙うのであれば、預言される前にCOする方がいいでしょう。
「吊られてはいけない」という観点からいくと
「吊られそうになる」→「猫又CO」は一つの方策かもしれません。

猫又としては
「吊られる心配はなさそうなときは、噛まれるのを待つ」
「吊られそうなときは、猫又COで確定村陣営として動く」
という方法もありますね。

さらに戦略的に言えば
「人狼1が確定的で、妖狐がいるかもしれないときに猫又CO」
も1つでしょう。
うっかり噛まれれば妖狐の出し抜け勝ちですから、

あとは
「騙り預言が猫又を人狼認定出したとき、猫又COで騙りを暴く」
なんてことが決まれば出ないと、ですね。



今のオクスフォード人狼では
「猫又は極力出ない」というのが主流となっていますが、
ある程度のところで出る、というのも選択肢としてアリではないでしょうか。
もちろん「出るとどうなるか」を想定した上ですが、
考えてみるにはいいかな、と思います。

人狼での「手」や「作戦」で考える事もありますが、あまり書きすぎると
手の内を見せることになりますし、変にセオリーめいてもいけないかな?
ということで、オブラートに包みながらこのあたりまでとしたいと思います。

考えてみるきっかけ作りとしてのネタ提供でしたっ。

ソムリエ 冒険46・交易74・戦闘52
釣り10・操帆9・測量6・身体言語7・見張り10・採集8・航行技術10
食料品取引12・調味料取引9・医薬品取引6
酒類取引7・染料取引5・工業品取引11・鉱石取引8・嗜好品取引6
繊維取引12・織物取引6・工芸品取引4・美術品取引2
香料取引8・香辛料取引7・貴金属取引8・宝石取引8
調理15・縫製16・工芸16・鋳造16・錬金術10
警戒12・運用9・保管15・社交11・会計9・管理技術10
操舵9・救助5・修理10・応急処置8・外科医術4
砲術12・水平射撃11・弾道学12・速射11・回避5・剣術4・兵器技術6・狙撃術4
視認1・ポルトガル語・インド諸語・アラビア語



ただいま、ランキング参加中ですっ。
クリックしていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online
ジャンル : オンラインゲーム

Secret
(非公開コメント受付中)

読ませていただきました。
確かに上策は噛まれることですが、

最近思うのは仮に騙られても、自身が吊られるか噛まれるかで退場すれば一人騙りを炙り出せることです。
ただランダムで道連れというギャンブルが生じます。これを嫌う傾向が強いために先手でCOするのが主流なのです。

猫又は、余裕がでてくると、ヒロイックに前にでて視点もれしてしまうこともありますが、
いるかいないかわからない、だれかわからない状況がすでに仕事なのかなと思います。
No title
↑の方のコメにありますが、世間一般では先手COが主流なんでしょうか?
A鯖オクスフォードでは見たこと無いですが・・・(;・∀・)
不勉強なのでセオリーとかワカラナーイ。

私の考えとしては、Mirriさんと同意見で御座います。
吊られなければ潜ってればいいし、吊られそうになったら出ればいいんじゃないかなーと。
先手COっていうか、
タイミングが狩人に比べて先目な感じ。
基本的に潜伏でいい。
ただ猫である人が釣り指定する時や、共有、予言に吊り指定、
黒だしされた時、あと夜に死亡者が二名出た時など、先目にCOするかなと
これが基本的なタイミングだが、
騙りで出るタイミングでもあるから

どこまで我慢するか、潔白を証明できるかはその人のさじ加減腕次第と思いますが、不安なら他人に促される前、上にあげたようなシチュエーションになりそうなら、先にCOした方が、道連れは最悪避けれるので先手という言葉を使いました。以上

> lichtさん

オクスフォード人狼では、先手COは今のところないと思います。
むしろ徹底潜伏が多いようで、そのために吊られてランダム発動、が
起きているように見受けました。
なので「COする手もあるのでは?」と思って、書いてみましたっ。

セオリーよりも多彩な手がある方が楽しいですよね。
lichtさんの新手も見てみたいです!


> めりちゃんさん

猫又騙りはあまりプラスにならない手ですよね。
猫又ランして
「吊ったけど、ランダム発動しなかった→もう1人が本物なので残そう」で
騙って吊られるだけ、というリスクがありますね。

なので、出るタイミングさえ大丈夫であれば、
猫又COで信頼を得て、確定村人として活動する、というのはありかな?と。

めりちゃんが書かれたようなタイミングなど、COで出るメリットもあるので
先手COも面白いんじゃないかな~?と思いますっ。
No title
ログUPありがとうございます^^
さらに前回話してた猫又CO論をしていただけるとはw
これを先に見ていたら・・・この前の回の自分の役職が猫だったんですが、初日に吊られる事はなかったかなw

確かに吊られてランダムになるよりは、確定村人としてリードする方が村にとっては有益ですね^^

でも猫になるとやっぱり噛んでもらいたいんですよねー^^;
> ノブレスさん

lichtさんブログで該当の回のログを拝見しました。
初日から猫又COはしたくないな…と思っちゃいますよね。

ログを見ると、中間で票が集まって吊られそうだったので、
「役職あるので吊らないで下さい」と言って吊り逃れかな…?
人狼が「狩人か霊能か」と噛みに来たらラッキー!
噛まれなかったら、翌日「残念だけど猫又CO」はどうでしょう?

猫又としては「噛まれるのが最上」なので、やっぱり噛まれたいですよね~。
Profile

Mirri

Author:Mirri
キャラクター名:Mirri
サーバ名:EurosAstraios
国名:ポルトガル
(2007/02/10よりプレイ開始)

Calender Archive
New Entries
Recent Comments
Category
Retrival in Blog
Links
Werewolf Links
・ルートリカ航海誌
・さすらいびと(オウミさんのblog)
・でぃおーるの航海日記
・このはなん漂流記
・Silver bullet ~銀の弾丸~(ニールさんのblog)
・お嬢のdol箱
・ある船乗りの大航海日誌~早く有名になりたい~(ベントナーさんのblog)
・miharuco@DOL/Eurosさんの日記
・まめまめくろまめ(ちまめさんのblog)
・勝手に大冒険時代~GoingMyWay(黒猫ごんさんのblog)
・たぶん3日で飽きる(lichtさんのblog)
・ミリの人狼研究室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。