*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
還元?金作り?
錬金術の王道、錬金薬液の還元ですが、
とにかく!金がかかります。
カネでもキンでも同じ意味くらいに、金がかかります。

錬金薬液の還元はこのようなレシピになっています。
・白の錬金薬液1、金10、貴重書6→赤の錬金薬液1~2
・赤の錬金薬液1、金10、貴重書6→黒の錬金薬液1~2
・黒の錬金薬液1、金10、塩12→白の錬金薬液1~2

1回の還元に金が10かかるんですね。
うちの商大クリッパー+副官船で1,700くらい金を運んでも
170回しか生産ができません。

R5で錬金薬液の還元をすると、熟練度は成功で2、大成功で3入ります。
金1,700で全部還元に使うと、大成功30%で熟練度は391。

金1,700で熟練度が約400。
ちょっと「うーん」となるところですね。



あともうひとつ、手があります。
錬金術の発展という、いわゆる金を作るレシピ。
・銅10、硫黄5、貴重書5→金2~3

こっちはR6レシピなので、還元より熟練度が入ります。
R5で錬金薬液の還元をすると、熟練度は成功で4、大成功で7入ります。

1から作ろうとすると、
1.ロンドンの紙から、洋書を作り、さらに貴重書を作る
2.ストックホルムで貴重書と同量の硫黄を買う
3.ハンブルグで銅鉱石を買い、銅を作る
4.ロンドンで貴重書、硫黄、銅から金を作る

手間は手間ですね。
貴重書を消耗しますが、欧州の中だけで作れて、かつ入る熟練度は多い。
うん、有望ですね。

ここからは考え方次第かな~。
・還元で熟練稼ぐべき派
「還元はこれから先もずっと続けること。熟練入るうちに続けるべき」
「せっかくの貴重書を、買える金作りに使うのはもったいない」

・金錬成も有力派
「欧州で作れるし、熟練効率は高い」
「貴重書は1つの街で作れるから、割りきって使うのも1つ」
「熟練度とコストの関係でいけば、こっちの方が効率が良い」

イング住人だったら、時間があるときに貴重書を作って貯めておき、
金錬成するのもいいな、なんて思います。

ただ、基本的には還元でいきたいと思います。
還元はずーっと続けることになりそうですから、
先につながる薬液作りで熟練が入るなら、と思うほうが気持ちは楽かもしれません。

錬金術師見習 冒険44・交易73・戦闘52
釣り10・操帆9・測量6・身体言語7・見張り10・採集8・航行技術10
食料品取引10・調味料取引8・医薬品取引5
酒類取引7・染料取引5・工業品取引10・鉱石取引8・嗜好品取引6
繊維取引12・織物取引6・工芸品取引4・美術品取引2
香料取引8・香辛料取引7・貴金属取引6・宝石取引8
調理15・縫製16・工芸15・鋳造16・錬金術5
警戒12・運用9・保管15・社交8・会計9・管理技術10
操舵9・救助5・修理10・応急処置8・外科医術4
砲術12・水平射撃11・弾道学12・速射11・回避5・剣術4・兵器技術6・狙撃術4
ポルトガル語・インド諸語・アラビア語



ただいま、ランキング参加中ですっ。
クリックしていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online
ジャンル : オンラインゲーム

Secret
(非公開コメント受付中)

Profile

Mirri

Author:Mirri
キャラクター名:Mirri
サーバ名:EurosAstraios
国名:ポルトガル
(2007/02/10よりプレイ開始)

Calender Archive
New Entries
Recent Comments
Category
Retrival in Blog
Links
Werewolf Links
・ルートリカ航海誌
・さすらいびと(オウミさんのblog)
・でぃおーるの航海日記
・このはなん漂流記
・Silver bullet ~銀の弾丸~(ニールさんのblog)
・お嬢のdol箱
・ある船乗りの大航海日誌~早く有名になりたい~(ベントナーさんのblog)
・miharuco@DOL/Eurosさんの日記
・まめまめくろまめ(ちまめさんのblog)
・勝手に大冒険時代~GoingMyWay(黒猫ごんさんのblog)
・たぶん3日で飽きる(lichtさんのblog)
・ミリの人狼研究室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。